成功報酬型の投資顧問

ジャパンストックトレードのクチコミを確認しましょう
↑投資顧問を利用する時はクチコミを頼りにしましょう
投資において顧客を相手にして助言を行い、その業績によって報酬を得る業種に投資顧問があります。投資顧問は顧客と投資一任契約を結ぶことで業務を行っており、ここでは、3つの形態によって報酬が支払われています。まず、1つには1カ月単位で契約をし、契約資産に応じた報酬が発生する形態があります。2つ目としては1年単位で契約を行い、契約資産額に応じての報酬を支払う方法があり、通常は1年単位での契約の方が資産額は大きくなります。
投資顧問の一任契約では、他に、成功報酬型での契約があります。ここでの報酬内容に関してはそれぞれの投資顧問会社によっても違いがあり、投資において全く利益が出ない場合には0としている場合や、1カ月や1年といった契約資産に対して利益が出た場合には、その利益額にあらかじめ定められている割合を掛け合わせ、その分と基本報酬とを加算して成功報酬としている場合もあります。
簡単に定めている場合などでは、運用資産を2つのタイプに分けている業者もあり、例えば運用資産1,000万円以上では税別成功報酬27%、1,000未満では税別成功報酬30%としている場合もあります。この場合には、100,000円の純利益が出た場合には32,400円が報酬となり清算が行われることになります。次に50,000円の損失の場合には報酬は0となります。その代わりに次に60,000円の利益が出た場合には60,000から50,000円が差し引かれ、ここに税込32.4%の報酬率がかけ合わせられることになります。
一方、1か月や1年契約の形態を設けている場合には、資産の基本報酬の、例えば60%や40%が掛け合わせたものが成功報酬の基本報酬となり、ここに、決められた利益を超えた場合のみそこに成功報酬料率が掛け合わせれ、基本報酬と加味されて最終報酬が決められることになっています。
■始めるならまずチェックしよう
株初心者
■低リスクな株式の投資がしたいなら
IPO 初値予想

トップページへ